少し甘酸っぱい酸味と、しっかりした果肉の南信州産の新鮮な紅玉を使ったアップルパイ。
ホームアップルパイ紅玉のアップルパイ
商品詳細

南信州・紅玉のアップルパイ

 

赤石連峰と南アルプスを見渡せる南信州は、りんごの産地として知られています。
素晴らしい環境がおいしいりんごを育てています。

この紅玉のアップルパイはシナモンを使っていないから、
りんごの甘酸っぱさを味わえるパイです。

シロップ漬けにした南信州産の紅玉と、
フレッシュバターを折り込んだパイ生地で作りました。
紅玉の酸味と風味のよいパイ生地がよく合います。
紅玉は、他のりんごと比べて果肉がしっかりしていて、
酸味も強いので、アップルパイには最適です。

紅玉のコンポートを作ります。

 皮も使うのでりんごをきれいに洗います。 ピカピカです!

 

皮をむいて櫛形に切ります。 もちろん、このまま食べるのが一番おいしいですが、ケーキ屋なのでお菓子に使うように加工します。

 

紅玉は色がとてもきれいな赤なので、皮を捨ててしまうのはもったいないと思い、シロップと一緒に煮て色を出しました。 とてもきれいな色になります。

 

 

火を通したりんごを漬けこみます。

このりんごの火の通し方がなかなか難しいところで、ちょうど良い加減をみつけるのに苦労しました。

 

 シロップに漬けて一晩おくと、きれいなピンク色のりんごのコンポートが出来上がります。

 

急速冷凍してから真空パックしておきます。
アップルパイやりんごのゼリーに。

また、もう少し水分を飛ばしてからりんごのパウンドケーキなどにも使います。

 

パイの美味しさを決めるのは、やっぱり生地です。

材料は小麦粉・塩・バターです。
シンプルな生地なので素材の美味しさが生きてます。

 

塩を沖縄の海塩「ぬちまーす」に変えました。
海水から水分を抜いただけなので、ミネラル分いっぱいのおいしい塩です。
沖縄の言葉で、「命の塩」という意味です。

 

 

小麦粉は北海道産のハードブレッド用の粉を使っています。

 

 

生地ができたらバターを包んで折っていきます。
バターが多く見えますが、 これでも以前より減らしています。
焼くと膨らみますので、脂っぽさは無くなり、
風味豊かなパイになります。

 

手づくりの美味しさをお楽しみください。

おすすめ!
(画像をクリックすると大きく見られます)
大きさは5号サイズ、直径約15センチです。

冷凍でお届けいたしますので、
つや出しのゼリーが白くなっていますが、
解凍されると透明になります。

冷凍の状態で切り分けると、切りやすいです。
(画像をクリックすると大きく見られます)
シロップ漬けにしたりんご(紅玉)を使っています。
あまさ控えめで酸味がきいています。
パイ箱にいれたアップルパイを、
宅配用の段ボールの箱に入れてお届けします。

外箱は仕様が変わることがありますのでご了承ください。

紅玉のアップルパイ[B0010]

販売価格: 2,376円 (税込)

Facebookコメント